読む観る聴く(使う食べる)書く

読んだり観たり聴いたりしたことを淡々と記録するブログ。基本的に小並感。

Tarzan(ターザン) 2017年 7月13日号[酸化・糖化・炎症 やさしく学ぶ、カラダに怖い3つの話。]

特集がいろいろへぇーって思ったのでざっくりめも。

活性酸素により細胞を傷つけられる酸化。 活性酸素の生成フローとしては 酸素→スーパーオキシドアニオン→過酸化水素→ヒドロキシルラジカル→水。 なのでまあ大量に酸素を取り入れる有酸素運動は酸化を進めるっていうのは、言われてみればそうなんだけれど…運動は一方的に良いイメージだったので意外といえば意外。 とはいえ、運動をしていれば抗酸化力も上がるので大丈夫だそう。筋トレでも有酸素運動でも。

次は血中グルコース+生体内タンパク→シッフ塩基→アマドリ化合物→終末化合物(AGE)の順で進む糖化。 終末化合物直前までは可逆的な反応なのでいいのだが、AGEまで行くとそこからは後戻りできない。 じゃあそのAGEが増えるとどうなっちゃうのかっていうとコラーゲンやエラスチンといったタンパク質の間にある架橋のバランスを崩したりして肌の老化を進めたり、 細胞にあるAGE受容体RAGEに結合し、細胞の炎症シグナルを活性化させたりするそうな でまあAGEは上記のプロセスを経て生成されるものと、食物に含まれるAGEを取り込み、消化しきれず体内に残るものとに大別されると。 前者は血糖値*持続時間に比例して生成されるので血糖値をあげすぎないような食事、後者はAGEが低い食物を取るようにすると(食物というより、AGEの量はその性質上調理法に大きく依存するみたい)

で、最後は炎症。 炎症は急性炎症、慢性炎症、そして加齢炎症。 急性炎症は通常の怪我とか、風邪とか、一時的なもの、炎症発生してもその後に免疫システムが働いて治癒するため問題なし。(免疫システムを稼働させるトリガーとなるサイトカインが炎症を発生させている) 慢性炎症は2種類。ウイルスが侵入して炎症が発生するものの、その後の免疫システムがうまく対処できずに炎症が続くパターン(慢性肝炎とか) もう一つはサイトカインが誤検知して集合し炎症を起こし、細胞破壊→そしてまたサイトカインが集まって…のループ(潰瘍性腸炎とか) 加齢炎症は細胞が老化によりサイトカインを大量に放出してしまうこと。そして慢性炎症のようなループにはまったりもするらしい。 見て分かる通り急性炎症はあって正しく、加齢炎症はある程度は仕方ないので、慢性炎症をどうにかしたいということになる。 慢性炎症の大きな原因としては肥満があるらしい、太った人の細胞は膨張しており、その膨張に伴って細胞が老化してしまうそう。(で結果サイトカイン過剰に) 他にも運動不足や暴飲暴食、睡眠不足やストレスも炎症の要因だそう。

商品紹介ではGARMINのvivosmart3が紹介されていた。GARMINでもリストバンド型のこんな活動量計あるのね。

週刊ニューズウィーク日本版 「特集:インテリジェンス戦争 中国の標的」〈2017年6月27日号〉

特集 インテリジェンス戦争 中国の標的

House of CardsやDesignated Survivorを観ている自分としては、今回の特集はまるでドラマの世界だなって感じ。 ハニートラップや中国在住の学生の引き抜き、建物の建設時点からの盗聴工作。実際にあるのね…

ベンチャーの未来は起業しない起業へ

Evernoteのフィル・リービン率いるオールタートルズの紹介。「スタジオ型」と形容するベンチャー支援機構。 資金提供ではなく、法的処理などの企業のプロセスを支援するような仕組みだそう。 まあ確かに合理的だと思う。

ほどほどでも飲酒は脳に有害?

週あたり14〜21単位のアルコール摂取で、海馬萎縮確率が飲まない人の3倍との研究結果。 最近夜に少し飲むのにハマっているので気をつけたい…

VOGUE JAPAN(ヴォーグジャパン) 2017年 07月号 / Condé Nast Japan

Kindle Unlimitedに来ていたので、たまにはまったく読んだことのない雑誌でもと思って。 発売自体は5月27日、一ヶ月遅れでKindle Unlimitedには来るみたい。 読むというより、眺める程度。結構読む部分もありそうだった。(月刊誌だもんね)

ファッションとかそのあたりはまあ眺めて綺麗だなあとか、そう思う程度。秋元梢さん綺麗だった。

健康特集が組まれていて、これは少し読んだ。 著名人?のインタビューっぽいのはまあそうだよねというか、あまり参考にはならない感じだった。

脳から、体は変わるってタイトルが付けられている項目は、瞑想とかそのあたりがフォーカスされるのかと思いきや、習慣づけとかにフォーカスされててちょっと残念。とはいえ書いてあることはいたってまとも。

食事に関する項目は、最近ちょいちょい聞く「ロカボ(ローカーボ)」が組まれていて、まあこの手の話題は尽きないよねと思いつつ読んだ。 ちゃんと目安となる数値もざっくり書いてあって、雰囲気だけの記事にはなってなかったのは良いと思った。

あまり深入りはしないけれど、程よくまともなことを書く感じの雑誌なのかな。

VOGUE JAPAN(ヴォーグジャパン) 2017年 07月号

VOGUE JAPAN(ヴォーグジャパン) 2017年 07月号

インターステラー (Interstellar) / Christopher Nolan

方々で高く評価されているので、観よう観ようと思いつつ観ていなかった映画。


Interstellar Movie - Official Trailer

さすがNolanといったところで、壮大なテーマを繰り広げつつ、終盤に見事なフラグ回収をしていく映画。 親子愛の物語として僕は楽しめた。なかなか泣ける。 幼少のマーフ演じるMackenzie Foy。演技がとても良かったです。子供の不安感を見事に表現していたと思う。 それと魅力的なAI、TARS。ユーモアの効いた機械。絶妙な人間味。

それなりにハードな?SFとしての評価も一部でされているようですが、パッと見た感じでも突っ込める部分はいくつかあったので、あまりサイエンスとしては観れなかった。(宇宙や五次元の表現等、雰囲気としてはとても良かったと思うけど…) そういえば、特に意識していませんでしたが、Matt Damonも出てました。この更新少ないブログで二作品連続登場。 SFとしてはMatt Damon主演の『オデッセイ (The Martian)』の方が優れていると思いました。作品としてもこっちのが好きかな。

ジェイソン・ボーン (Jason Bourne) / Paul Greengrass

映画館で見れなかったシリーズ


Jason Bourne - Official Trailer (HD)

Matt Damon、6年振りのボーン。 Matt Damonは相変わらずカッコ良い。が、アクションシーンは派手で気持ち良いもののちょっと冗長な気もした。 テーマは大きく三つぐらいかなあと 一つ目はボーンの過去。個人的には若干飽きがきている部分があるものの、このシリーズはまあそれが基本的なネタなのかなあと。ボーンvsCIA。 二つ目は国家による監視。テーマとしては最近盛り上がっているが故にそこまで新しさはない上に、中途半端な触れられ方だったので残念。次回以降もこのテーマは引っ張るのかなとも思ったり。 三つ目はAlicia Vikander。この作品は彼女の導入としての役割が大きいような気がした、新章ボーンシリーズのキーパーソンとして今後も関わってきそう。 Alicia Vikander綺麗だったので、今後の活躍に期待。

SWATの車で一般車を吹き飛ばしてたけど、実際あんなに頑丈なのかな…

大きなおにぎり 唐揚マヨネーズ / LAWSON

コンビニ食レポ第一弾。

www.lawson.co.jp

普段からコンビニ食を食べているわけでもないので詳しくないのですが、なんとなく食べてみたので記録を兼ねて。

他にもレビューしているブログとか見ると、写真とか撮っとくべきな感じでしたね。(公式ページの画像も結構手抜きな感じが…)

ご飯の量は多いですが、具の量はまあコンビニって感じでした。まさに※画像はイメージです でした。 もし唐揚げが食べたいならホットスナックの方を狙う方がいいんじゃないかなあと思いました。

考えてみるとこういった惣菜を具にしたおにぎりでこれがいいって思ったことないですね。おにぎりとしての価格帯で出そうと思うと中途半端な結果に終わってしまうからか…

Pilot(Designated Survivor S2E1) / David Guggenheim


サバイバー:宿命の大統領 予告編 - Netflix [HD]

最近海外ドラマを新しく見始める気力が湧いていなかったものの、なんとなくクリックして見ちゃいました。 シーズンを通して見た後ではなく、一話のみみた段階で書いてます。(とはいっても第一話なのでこのドラマが扱うテーマに対する感想になりますが…) ドラマのダラ見がやめられないので、エピソードごとにブログを書くという負荷をかけてどうなるかテストしてみたいという意図もあったり。

Designated Survivor(指定生存者)というシステムがあるのを初めて知った。 確かにこのドラマに描かれているような状態が起こり得ないとは言えないけど…本当に最悪を避けるための手で、このシステムが使用された場合のことってどの程度想定されているのかなあと思った(そりゃ相当されているんだろうけど、一般感覚からすると各党の代表一人でどうにかなるの?って感じ)。 ドラマのテーマとしては大変興味深いので、政治展開に主眼を置いて描かれたらいいなあと。House of Cardsっぽく。あまり家族の仲とかにフォーカスされるのは微妙かな…(結構そういうのがありそうな時間の割き方だったのでちょっと不安)

しかしまあ、当たり前ながら大統領にかかる重みというのはすごいものだなあと思った。月並みながらこれに比べると自分の悩みなんてなんてどうでもいいことばかりだなあと。

www.imdb.com